認知症

認知症には、アルツハイマー型の認知症と脳血管性の認知症とがあります。 アルツハイマー型の認知症 脳の細胞が萎縮していくもので、それに伴って徐々に認識機能が低下していきベータます。脳にβ アミロイドという異常なタンパク質が...

躁うつ病

明るく活動的な躁状態から、暗く落ち込んだうつ状態へ、あるいはその道の方向へと、感情が異常に揺れ動く病気である。精神分裂病がおもに理性的な面で障害があらわれるのに対し、こちらはおもに感情的な面にトラブルが生じる病気だといえ...

アルコール依存症

薬物依存のひとつで、かつては慢性アルコール中毒と呼ばれた。しかし、薬物依存に対する理解が深まるにつれ、薬物やアルコールを摂取する行動そのものに問題があると考えれるようになったため、現在ではアルコール依存症が用いられている...

精神分裂病

精神病のひとつで、神経症が不安や緊張といった心理的要因によって起きるのに対し、分裂病は体質や気質など、人それぞれがもつ精神的・心理的要因によって起きると考えられている。また神経症が健康な状態から症状があらわれるときへと「...

ツールバーへスキップ