尿道狭窄

尿道が狭まって、尿の出が悪くなる痛気である。先天性のものと外傷性のもの、炎症性のものがあり、以前は淋病によって起きる場合が多かったが、最近は外傷性のものが増えている。症状は排尿障害が主で、排尿のさい、力を入れても細い尿か出なくなる。また尿がまったく出なくなることもあり、そのとき細菌感染を起こすと膀胱炎を併発しやすい。
内視鏡による切開や外科手術による治療が行われる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です