アデノイド

アデノイド(咽頭扁桃)とは、鼻の奥とのどの移行部にあるリンパ組織で、生体の感染防御の一役をになっている。年齢によって大きさが変わり、4~5歳で最大となり、以後、徐々に縮小する。10歳を過ぎると急速に小さくなり、青年期には...

急性鼻炎

ウィルスの感染によるかぜの症状のひとつで、多くの場合はかぜに伴うか、あるいはかぜに続いて起こる。乳幼児期では、かぜの初期症状としてあらわれることが多い。 かぜに伴う急性鼻炎では、はじめ鼻の粘膜に充血と乾燥があらわれ、くし...

副鼻腔炎

頬骨の下にある上顎洞と呼ばれる空洞に炎症が起こるもので、蓄膿症ともいう。 症状と治療 幼小児期に多く、自然に軽快する場合もあるが、中耳炎の原因となることがある。一般には、粘性や膿性の鼻みずと鼻閉(鼻づまり)があり、アレル...

ツールバーへスキップ