先端巨大症

成長ホルモンが下垂体から過剰に分泌されるために起きる病気で、末端肥大症ともいう。似た病気に、身長が異常に高くなる巨人症がある。 症状 手足や下あご、鼻、舌など末端部分が太く、巨大化する。そのため歯と歯の間が開き、下あごが...

妊娠中毒症

妊娠のさいに高血圧、むくみ、たんばく尿など腎炎と似た症状があらわれる異常妊娠。おもに妊娠の後半期に起こり、出産が終わると治るという特徴がある。分娩時大出血と並ぶ妊産婦死亡の2大原因であるとともに、死産や未熟児が多く、注意...

腎炎

血液をろ過し尿をつくる腎臓の糸球体が炎症を起こして発症する病気で、正しくは糸球体腎炎という。一般には一年以内に治る急性腎炎と、それ以上続く慢性腎炎に分けられる。 急性腎炎 すべての年代に発病するが3~12歳の児童に最も多...

紫斑病

血を止める働きをする血小板が減少するため、皮膚や皮下組織に赤または赤紫の出血斑があらわれる病気である。これには原因不明の特発性血小板減少性紫斑病と、ほかの病気が原因で起こる続発性血小板減少性紫斑病がある。 症状 皮下出血...

アジソン病

症状 疲労感と倦怠感がおもな症状で、皮膚の色素沈着や体重減少、低血圧、性欲減退などのほか、女性ではわ毛や陰毛か抜け落ちることがある。 両側の副腎皮質が破壊され、副腎皮質ホルモンの分泌が低下して起こる。その原因としては、免...

黄疸

症状 肝臓障害のさいによくみられる症状で、血液中にビリルビンという黄色い胆汁色素が増加し、そのため皮膚や粘膜が黄色くなる。また皮膚ばかりでなく、眼球の白目の部分も黄色くなり、強い場合にはかゆみを感じる。 原因 黄疸は肝機...

薬物アレルギー

薬の副作用によって、さまざまな症状が出ることをいう。一時的な発疹やかゆみで治まるケースもあるが、牛命にかかわることもある。注射や服用によって体内に吸収された薬がアレルゲン(抗原)となって、抗原抗体反応を起こすために生じる...