小児糖尿病

子どもの糖尿病は、幼児期から小学校低学年に発病するものが多く、膵臓から分泌されるインスリン不足によるインスリン依存型(Ⅰ型)がほとんどで、中学生くらいになると、成人にみられるインスリン非依存型(Ⅱ型・成人型・肥満型)が多...

精神発達遅滞

神発達遅滞とは、何かの原因によって、精神の発達が妨げられ、知能に障害がみられる病気である。知能指数の程度によって、最重度、重度、皇守度、軽度というように4段階に分けられている)。 発見 一般に重症の場合には、けいれんを起...

甲状腺機能亢進症

甲状腺は下垂体の甲状腺ホルモンの支配を受けて甲状腺ホルモンを分泌するもので、たんばく質の代謝や骨の成長の調節にかかわりがある。 このホルモンが過剰に分泌されるものを甲状腺機能亢進症といい、自己免疫疾患のひとつである。10...

ツールバーへスキップ