小児結核

症状と治療 結核の種類によって症状のあらわれ方、治療法が異なる。初感染結核初期では症状があらわれないので、感染の有無はツベルクリン反応によって判断する。 ただし、なかには発熱やせき、食欲不振、顔色が悪いといった症状が出る...

川崎病

MCLS、急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群ともいう。発見者(川崎富作博士)の名前から、川崎病と呼ばれる。日本に多くみられ、1年に数千から一万数千の発生がある。 症状 突然、高熱を発して、その状態が長く続く。1週間から、長い...