水いぼ

皮膚が半球状に丸く盛り上がった、表面に光沢のある丘疹。中央がへこんで見えることもあり、5歳以下の乳幼児に多くみられる。 症状 体幹や手足に散在することもあれば、固まってあらわれることもある。水いぼ自体にかゆみはないが、ア...

あせも(汗疹)

夏に多い皮膚病の一種。もともとよく汗をかく乳児に多いが、子どもの年齢に関係なく発病する。 症状 子どもに多くみられるのは赤いあせも(紅色汗疹)で、頭、顔、胸、背中、衣類とすれる場所にできる。突然、多数の赤いブツブツができ...

皮膚カンジダ症

オムツかぶれの症状に似ているが、皮膚カンジダ症は、赤みが点状で盛り上がっており、しだいにはがれ落ちて紅斑となる。 原因は便中のカンジダ菌(カビの一種)。 オムツを当てているおしりは、ただでさえカピの繁殖に適している。体力...

アトピー性皮膚炎

症状 乳児の場合、頼や額を中心に、頭や耳のまわりに赤く小さなブツブツができ、ジクジクしたり、かさぶたにしろ、つなったり、脂漏を伴う場合もある。首まわりやわきの下、手足の関節部分、足のつけ根に出ることもあり、かゆみが強いた...

とびひ

おもに黄色ブドウ球菌によって起こる伝染性の皮膚病で、小さい傷や虫さされなどをひっかいて菌が侵入する。夏に多くみられるものである。 症状 突然、大小さまざまな水疱が顔やからだのいたるところにあらわれる。水疱は破れやすく、た...

手足口病

症状 口のなかに小さな潰瘍が多くすいでき、手のひらや足の裏にも長細い水疱ができる。水疱の皮は厚く、簡単に破れることはない。足やおしりにも水疱ができることがある。 症状 水疱瘡と違って、全身や有髪部位には発疹はあらわれない...

ツールバーへスキップ