急性胃腸炎

乳幼児にみられる消化不良症。2歳末満の場合は、乳児下痢症と呼んでいたが、現在では年齢による区別はあいまいになりつつある。

症状

おもな症状は下痢で、嘔吐、腹痛、発熱、食欲不振などを伴う。便はゆるく、水様性の場合もあり、ときには血液が混じり、悪臭、すっぱいにおいがすることがある。

おなかを押すと痛がる場合もある。不機嫌で、ミルクの飲みが悪くなることも特徴のひとつである。病気ではない単純性下痢(下痢をしても食欲があり、機嫌もよく、嘔吐、発熱も伴わない)との見分け方のポイントとなる。

原因

ウィルスや細菌の感染が多く、離乳の失敗、暴飲暴食、寝冷えなどでも起こる。

治療

下痢がひどく、吐く場合には、程度に打よるが、1回食事を抜き、市販の小児用電解質飲料か白湯を少量与えてみる。嘔吐がなければ量を増やし、徐々に薄めたミルクやおも湯などを与えはじめる。

母乳の場合、下痢をしていても嘔吐がなければ飲ませてよい。発熱や嘔吐などの症状が強く、頻繁に下痢を起こすときには、脱水症状を起こしやすいので医師にみせる。

必要に応じ、投薬や輸液が行われる。幼児の場合は、症状によっては絶食させ、下痢をしている間でも水分は十分に与える。ただし、吐きけが強いときは水分補給はごく少しずつにし、吐きけがおさまってから消化のよいものを徐々に与える。糖分や脂肪分は下痢がおさまるまで避ける。

腸重積症

2歳以下の乳幼児、なかでも、生後3~12ヶ月ごろの男児がかかる率が高い。夏季や冬季に多くみられる。

症状

急に発病、腹痛のため激しく泣き、嘔吐、血便がみられる(三主徴)。

顔は蒼白となり、足を縮めて泣くこともあるが、発病後まもないときや、痛みによる発作と発作の間は、一見、健康そうで正常に戻ったように見えることがある(間欠的)。

痛みには比較的、鈍い1歳未満の子どもの場合は、痛みうより不機嫌、噂泣(泣き叫ぶ)、顔面蒼白などがおもな症状であることが多い。主徴のひとつの粘血便については、排便のない場合、浣腸をして確認する必要がある。ただし、家庭で行うのではなく、医師にまかせること。年長児では再発がしばしばみられる。

原因

腸管の一部が下部の腸管に入り込むもので、一種の腸閉塞(イレウス)の状態である。腸管のどの部分でも起こるが、最も多いのは生理的によかいもうく動く回盲結腸部で、全体の70~80% を占めている。

原因としてはウィルス感染による腸間膜リンパ節のはれや、腸閉リンパ濾胞の増殖、腸閉運動の変化などが考えられる。時間がたつと、はまり込んだ部分の血液の循環が悪くなり、腐って破れたり、腹膜炎を起こすこともあるため、早めの処置が必要。

治療

手遅れになると生命にかかわる。疑わしいときはすぐに医師の診察を受ける。軽症なら、肛門からバリウムを注入する高圧浣腸によって腸はもとに戻る。重症の場合には、早急な開腹手術が必要となる。

白色便性下痢症

秋の終わりから冬にかけて、乳幼児にみられる急性の消化不良症。患者の3分の1に白色便がみられる。

症状

嘔吐で始まり、半日から1日後に激しい下痢となり、ひどいときには、米のとぎ汁のような白っぽい水様便が1日に10回以上も出ることがある。さらに2~3日たつと、便は黄色みを帯び、急速に脱水症状を起こす。

原因

胃腸炎の原因となるロタウィルスの感染による。

治療

脱水症状を防ぐため、水分の補給が大切。下痢をしているときに水分を与えると、さらに下痢を誘発することもあるが、与えないとどんどん水分が不足し、脱水が強くなって危険な状態に陥る恐れがある。

様子をみながら少しずつ水分を与える。電解質と水分の体内への吸収が早いという点で小児用電解質飲料は効果的である。

市販されているので利用するとよい。嘔吐がひどく、水分を受けつけない場合は早めに医師の手当を受けることが大切である。最初の2~3日は、胃腸に負担がかからないような飲み物や食べ物を与える。水分の補給と食事にさえ注意すれば心配のない病気だが、ときどき脱水症状が急激に起こり、死亡するケースもあるので、十分な観察が必要である。
そのほか、症状に応じて、下痢止めや抗生物質などが用いられ、ほぼ1週間で治る。

尿崩症

尿の量は、脳下垂体から分泌される抗利尿ホルモン(ADHといわれ、尿が出るのを抑えるホルモン)の腎臓への作用によって調節されている。尿崩症は、このホルモンの分泌障害による中枢性尿崩症と、腎尿細管に対するADHの作用障害による腎性尿崩症とに分類される。

症状

腎尿細管の水の再吸収が低下して尿の量が多くなり、正常な子どもの数倍以上も排尿する。発病は突然で2~6歳に発症することが多い。
尿を多く出すため、のどが渇いて大量の水を飲む。飲む水の量を制限しても、尿の量は減らない。乳幼児の場合、夜間あるいは何かに熱中しているときなど、無意識に尿をもらすことがある。

このように多飲多尿の症状があらわれて病気に気づくことが多いが、多飲を示さないケースもある。この場合は脱水、高電解質血症などが原因の発熱、嘔吐などの症状があらわれる。年少で発病し、治療せずに放置していると、栄養状態は悪くなり、からだの発育が遅れるばかりか、知能障害を起こす恐れもある。

早めに異常を発見し、治療することが大切である。

原因

中枢性尿崩症は、遺伝や下垂体、脳底部、視床下部の疾患(脳瞳瘍・脳炎・脳髄膜炎・外傷)、白血病による中枢神経の障害などが原因となって発病する。
腎性尿崩症の場合も、遺伝または腎臓の後天性疾患により発症する。

治療

脳腫瘍が隠れていることもあるので精密検査が必要。治療は、抗利尿ホルモン剤を2~3日ごとに注射する。また、脱水状態にならないようにするために水分の補給も欠かせない。そのほか、抗利尿ホルモン剤の鼻粘膜への塗布や内服薬が効果的な場合もある。

尿路感染症

尿路とは、腎孟、尿管、膀胱、尿道など、尿が排泄される一連の経路のことをいい、この尿路が細菌に感染して炎症を起こすものをまとめて尿路感染症と呼んでいる。
感染の部位によってそれぞれ腎孟炎、腎孟腎炎、膀胱炎、尿道炎などと呼ばれるが、その区別は必ずしも容易ではない。新生児から小学生までの子どもに広くみられる病気で、とくに1~5歳に多い。また、男子より構造的に陰部から細菌が入りやすい女子に多発する。

症状

急性の尿路感染症の場合は、排尿時の痛みがはじめに強く、ときに発熱を伴う。幼児や学童では、頻尿、下腹部痛、排尿時の痛み、尿のしぶりなどの症状を訴える。新生児(まれ)や乳児は、高熱のほか、尿路感染症とはかけ離れた下痢、おうと嘔吐、不機嫌、食欲不振、体重減少、貧血などがみられることがある。幼児は的確な訴えをすることができないので、原因不明の熱が続くときは尿のにおい、濁り、回数、尿失禁、急に始まった夜尿、排尿時の様子などにも注意を払う必要がある。

腎孟腎炎を発病している場合は症状がはっきりしないことが多く、ときどき原因不明の発熱、やせ、倦怠感、食欲不振、腰痛、下腹部痛などが続く。尿路感染症が進行すると、ごくまれに腎臓がしだいにおかされて、腎不全になることがある。
また、何度も発病を繰り返す場合は、尿の流れが妨げられるような異常、つまり尿路の先天性異常が疑われることもある。

原因

原因となる細菌は大腸菌が大部分である。感染を起こすのは血液によって尿路に細菌が運ばれてくることもあるが、尿道から膀胱という経路で侵入することが多い。

治療

原因不明の熱が続き、先に述べた症状がみられるときは、必ず尿の検査を行う。診断は、尿のなかの白血球の数と、尿の培養検査をして菌の種類や治療に合う抗生物質を確かめる。

原因となっている菌が判明したら、それに有効な抗生物質を服用させると、症状はまもなく改善する。ただし、症状が消えて、尿検査で正常に戻っても、7~10日間は薬の服用を続ける。この病気は短期間で繰り返すことがあり、ときに慢性化してしまうと腎機能の低下をまねくことがあるので、それを予防するためである。

また、からだの保温も大切である。なお、先天的な異常があると診断された場合は、その異常によっては手術をしなければならないこともある。

予防

下着やオムツをこまめに取り替え、陰部をいつも清潔に保つことが大切である。また、女子の場合は、菌が尿道から入り込むケースが多いので、排便後は前から後ろに向かってふくように習慣づけておくことも忘れてはならない。
再発を防止するには、足や下腹部を冷やさないように注意したり、尿意を我慢しないくせをつけさせることも大切である。

面庁

顔面にできたおできのことである。ほとんどの場合、面庁は黄色ブドウ球菌の感染によるもので、激しい痛み、発熱などがみられる。

鼻のような正中部にできたときは、圧迫したりすると、細菌が血流にのって脳組織にまで及ぶ恐れもあるので、気をつけなければならない。治療は、抗生物質を使うと同時に局所を冷湿布する。

血管性紫斑病

血管壁の透過性の克進、減弱、損傷時の収縮不全によって起こる紫斑病。アレルギー性紫斑病、アナフィラキシー様紫斑病、シェーンライン・ヘノッホ紫斑病ともいう。

症状

幼児期から学童期にみられ、手足やおしりに盛り上がった紫色のあざができて、同時に粘膜出血、関節痛、発疹、腹痛、腸出血(下血・タール便など) があらわれる。かぜをひいたあとにみられることが多い。

現任

溶連菌(溶血性連鎖球菌という細菌やかぜのウィルス感染によって起こると考えられている。

治療

安静にしたうえで、抗生物質や止血剤、抗アレルギー剤が用いられ、腹痛がひどい場合には副腎皮質ホルモン剤や凝固因子製剤が使用される。

赤あざ・青あざ・黒あざ

あざにはいろいろな種類があり、放置しておいても自然になくなるものから、大人になる前に取っておいたほうがよいものもある。

赤あざ(血管腫)

生まれつき皮膚の血管が異常に増殖したもので、3つの型がある。

症状

生まれたときからみられる平らな赤いシミのようなあざを単純性血しゆ管瞳(ポートワイン血管瞳)という。自然に消えてしまう場合もあるが、通常は消えずに残る。生後まもなく、赤い斑点としてあらわれ、数ヶ月の間に大きくなり、イチゴのように皮膚に盛り上がるものをイチゴ状血管腫という。

生後1~3か月くらいまでは大きくなり、以後少しずつ消えて、4~5歳までにはたいていなくなる。皮膚の深い部分にできた赤あざは海綿状血管建と呼ばれ、大きなコブのようになる。これは自然には治らない。

治療

自然に治るものは、ふつう経過観察が原則。治らないものにはレーザー光線療法が行われる。ただし早期治療が必要な場合があるので、皮膚科医に早めにみてもらう。

青あざ(蒙古斑)

メラニン色素をもつ細胞が皮膚の深部(真皮)にあるため青く見えるもので、東洋人に多いので蒙古斑ともいう。

症状

生後1週間くらいから出てくる。大きさはいろいろで、皮膚の表面はなめらかで異常はない。出てくる場所は腰のあたりが多く、背中やおしりにも出ることがある。

治療

7~8歳までに自然に消えてしまうので、特別な治療は不要だが、非常に目立つものであったり、成人しても消失しないタイプのものはレーザー治療を行う。

黒あざ(色素性母斑)

色素性母斑といい、小さなものがホタロである。生まれつきの場合と、思春期からできる場合とがある。

症状

皮膚の色素細胞が増加してできるもので、表面が平らなものや盛り上がっているもの、ザラザラしたもの、毛の生えたものなどいろいろあり、形やできる場所も多様である。

治療

早期にレーザー治療や形成手術を行う。爪の下、指先、足の裏、手のひらなどにある黒あざは、まれに悪性化することがあるので注意する必要がある。
黒あざが急に大きくなったり、黒みを増したり、周辺に黒い色がにじみだしたときは悪性化が疑われるので、早めに医師の診察を受ける。

リンゴ病

小学校で流行することが多く、学級閉鎖をする場合もあるが、はしかおたふくかぜ水ぼうそうほど伝染力は強くない。

症状と原因

ヒトパルボウィルス(HPV)B19 の感染で発症し、妊娠初期の女性が感染すると、赤ちゃんが奇形児になることが多い。

感染後9日めくらいで発熱やのどの痛みなどがあらわれることもあり、18日めくらいに、顔の両頬一面に、リンゴのような紅斑ができる。口のまわりや額にはほとんどあらわれないで、両頼にちょうど蝶が羽根を広げたような赤い斑点が出るのが特徴である。やがて、紅斑は手足や腎部にも広がっていくが、胴体にはあまり出ない。

治療

発疹部にかゆみを伴う場合は抗ヒスタミン剤を用いる。