突発性発疹

1歳以下の乳児によくみられる(98%)。生まれて初めての高熱(39度以上)を出したときに起こることが多い。熱は3~4日続き、熱が下がるころに発疹があらわれる。高熱のわりには元気である。

症状と原因

突然、発熱し、眠ってばかりいたり、不機嫌、下痢などの症状がみられ、ときには熱性けいれんもみられる。

熱が下がるころに風疹様の発疹が全身にあらわれ、3日くらいで消失する。ヒトヘルペスウイルス6または7の感染が原因である。

治療

ふつうは発熱の対症療法のみで、余病も併発しない。ただし、けいれんが起きた場合は医師の診察を受ける。

水いぼ

皮膚が半球状に丸く盛り上がった、表面に光沢のある丘疹。中央がへこんで見えることもあり、5歳以下の乳幼児に多くみられる。

症状

体幹や手足に散在することもあれば、固まってあらわれることもある。水いぼ自体にかゆみはないが、アトピー性皮膚炎の子どもがかかると、アトピー性皮膚炎の強いかゆみのためにかきくずして症状を悪化させる。

また、アトピー性皮膚炎をもっている子どもは、皮膚の抵抗力も低下しているため、水いぼもできやすい。いぼが壊れるとラードのような白色の内容物が出て、これがほかの部位に広がり、全身に及ぶこともあるが、放置しても半年~1年で自然に治ることもある。

原因

伝染性軟属腫ウイルスなどボックスウイルスの皮膚感染が原因。集団生活や水泳教室でうつることが多い。

治療

数が少ないうちはピンセットでつまみ取り、消毒する。多い場合は取るか、自然治癒を待つかを医師と相談する。ほかに硝酸銀溶液を塗ったり、液体窒素で凍結する方法がある。

あせも(汗疹)

夏に多い皮膚病の一種。もともとよく汗をかく乳児に多いが、子どもの年齢に関係なく発病する。

症状

子どもに多くみられるのは赤いあせも(紅色汗疹)で、頭、顔、胸、背中、衣類とすれる場所にできる。突然、多数の赤いブツブツができてかゆがり、涼しくなると軽くなるのが特徴である。

原因

高温のとき、汗が十分に出れば問題はないのだが、汗が出る管の出口がなんらかの原因で詰まり、汗が皮膚のなかにたまるために起こる。

治療

軽いうちはベビーパウダーが効果があるが、つけすぎは禁物。かゆみがひどい場合は副腎皮質ホルモン外用剤が有効だが、3日経っても症状がひどい場合は医師に相談する。

予防

汗をかかないように、涼しくしてやること、不注意な厚着、加温を避けること、吸湿性のよいもめん類の衣類を使用することなどが効果的な予防法だ。
シャワーを浴びたり、冷たいタオルで汗をふき取るのもよい。皮膚の乾燥を心がけ、涼しく過ごさせる。

ベピーパウダーはこちら。

小児ストロフルス(虫さされ)

1歳くらいから幼児期に多い。春から夏にかけて発症し、虫さされに対する過敏症と考えられている。

症状と原因

おもに手足に、あずき大のブツブツができて、とてもかゆがる。原因はノミや蚊、ダニ、毛虫などの虫さされによる皮膚自体の反応が慢性的に続いたものと考えられている。

治療

抗ヒスタミン剤や副腎皮質ホルモン剤を用いる。

生活の注意

ノミやダニを駆除し、虫さされを防ぐことが何よりも大切。かきむしって細菌感染を起こし、とびひとなることもある。虫に刺されたら、かゆみ止めを塗り、夜眠っている間にかきむしらないように手袋をさせるなどして、悪化させないように注意する必要がある。
強いかゆみにはステロイド、乾燥なら保湿剤を使うかゆみ止め薬

皮膚カンジダ症

オムツかぶれの症状に似ているが、皮膚カンジダ症は、赤みが点状で盛り上がっており、しだいにはがれ落ちて紅斑となる。

原因は便中のカンジダ菌(カビの一種)。

オムツを当てているおしりは、ただでさえカピの繁殖に適している。体力の低下時や入浴しなかったことなどがきっかけでカンジダ菌が異常繁殖し、皮膚の表皮、角層に侵入して炎症を起こす。

予防としては、オムツかぶれ同様、オムツをこまめに交換する、おしりが汚れたら洗う、通気性のよい天然素材のオムツカバーの使用などが効果的。また、カンジダ菌の繁殖を促進する副腎皮質ホルモン剤をむやみに使わないことも大切である。

アトピー性皮膚炎

症状

乳児の場合、頼や額を中心に、頭や耳のまわりに赤く小さなブツブツができ、ジクジクしたり、かさぶたにしろ、つなったり、脂漏を伴う場合もある。首まわりやわきの下、手足の関節部分、足のつけ根に出ることもあり、かゆみが強いため、かいたり頭をこすりつけたりして不機嫌になる。

幼児期になると、一般に顔には少なくなるが、首や体中の関節に多くなり、ジクジクするよりはむしろ乾いてカサカサし、粉をふいたように見える。

小学生以降ではさらにザラザラする感じで、梨の皮のような皮膚になる。とくに関節の内側が赤く厚ばったくなり、手首や足首、ひじやひざ、首のまわりがひどく、かゆみのためひっかき傷が重なったりする。顔もはたけのようにかさついて、耳たぶの下が切れやすくなる。ふつうは成長とともに軽くなり、15歳ごろには目立たなくなるが、成人まで続くこともある。

原因

生まれつきのアレルギー体質に、牛乳、卵白、大豆などの食物抗原(アレルゲン)やダニ、カビをはじめ、何かの刺激が加わって起こると考えられている。
家族や近親者にぜんそくやアレルギー性鼻炎といったほかのアレルギー疾患をもつ場合が多く、ぜんそくやアレルギー性鼻炎に移行したり、それらを合併することが多い。

治療

原因となるアレルゲンを調べ、それを除く方法や抗アレルギー剤の服用、年齢や症状に合わせた対症療法がある。対症療法には非ステロイド剤や副腎皮質ホルモン剤などの軟膏が用いられる。

症状がおさまっても、薬をやめると再発することが多いので、根気強い治療が必要である。なお、この病気をもつ乳児は、幼児期には気管支ぜんそく、学童期からはアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎に移行していくことがある。

このように、アレルギー疾患がかたちを変えてあらわれることをアレルギーマーチ(アレルギーの行進)と呼んでいる。アトピー性皮膚炎と気管支ぜんそくが合併したときは、治りにくいぜんそくとなることが多いので注意を要する。

生活の注意

衣類は木綿のような柔らかさで静電気を起こさず、吸湿性に富むものを選ぶ。入浴はよいが、香料の少ない石けんや弱酸性石けんを用る。皮膚を清潔に保ち、医師の指示どおり薬を用いることが大切である。

美肌精油ジェル は、スキンケアでアトピーの症状を少しでも軽減します。

とびひ

おもに黄色ブドウ球菌によって起こる伝染性の皮膚病で、小さい傷や虫さされなどをひっかいて菌が侵入する。夏に多くみられるものである。

症状

突然、大小さまざまな水疱が顔やからだのいたるところにあらわれる。水疱は破れやすく、ただれて、そのうちかさぶたになる。水疱のなかに菌がいるため、破れると健康な部位について、どんどん広がっていく。ひどいかゆみではないが、かいてほかの皮膚にうつさないように注意する。

予防

夏、かゆみを伴う皮膚病にかかったり、虫に刺されたとき、あるいは傷ができたときはすぐに治しておく。爪を切り、手を清潔にしておくことも大切である。
ひどいときは入浴は控えるが、シャワーはよい。ふだんから入浴、肌着の交換をこまめに行い、皮膚を清潔に保つように心がけることが大切である。

治療

適切な治療を行うと、とびひはすぐに治る。抗生物質が入った軟膏をガーゼにのばして患部に貼る。そのとき水ぶくれの汁が周囲につかないように気をつけなければならない。
なお、抗生物質を内服するほうが早く治る。薬や軟膏は選択が必要なので、素人判断をせず、医師の指示のもとに治療することが望ましい。
ほぼ1週間ほどで治るものだが、しばしば家族内の子どもに感染することがあるので気をつけたい。

手足口病

症状

口のなかに小さな潰瘍が多くすいでき、手のひらや足の裏にも長細い水疱ができる。水疱の皮は厚く、簡単に破れることはない。足やおしりにも水疱ができることがある。

症状

水疱瘡と違って、全身や有髪部位には発疹はあらわれない。熱が出ることもあるが3日くらいでおさまる。口内炎は5~7日、手足の発疹も5~7日で治る。

治療

特別な治療はいらないが、口内炎の治療は行うことがある。口のなかの痛みが激しい場合や神経質な子どもの場合は、食べ物や水分の摂取がむずかしくなる。
熱いもの、刺激物、濃い味付けは避け、流動食、プリンなどのやわらかいものを好みに応じて食べさせるとよい。水分の補給も大切である。ときに脳症を伴うこともある。

小児肘内障

赤ちゃんの手を上に引っばったとき、転んで手を下敷きにしたときなどに痛がって泣きだし、手を上げることもできなくなることがある。腱の位置のずれが原因で、これを肘内障という。

症状

痛がるが、ひじのあたりははれも熱もない。放置すると治りにくく、また治ったあとも痛みが2~3三日残るので早く処置をするとよい。

家庭での処置

処置は家庭でもできる。まずひじのあたりをさわってみる。骨折ならものすごく痛がるが、それほどでもなければ、ひじを曲げる運動でもとに戻してやる。

方法は、ダラリと下がった子どもの手首を握り、手首が肩に近づくまで十分にひじを折り曲げる。それだけで軽くポキンと音がして治ってしまう。治らなければ、手首を時計の針の進行方向にねじるようにする。もとに戻れば痛みはなくなる。ただし、しろうと療法は腕をいためることがあるので医師にみせる。

ペルテス病

3歳から12歳ころの男児によくみられる病気で、大腿骨頭に栄養を運んでいる血管の血流が悪くなり、成長中の骨頭部が一時的に腐って起こる。
しかし、一度腐っても、まわりから栄養血管が入り込み、2~3年のうちに元どおりになる。原因は不明である。

症状

とくに思いあたる原因がないのに、だんだんとひこうの程度がひどくなったり、股関節や膝関節の痛みを訴えたりする。また、股を外に開くか内側にねじるかしても、軽い痛みを感じる。ほとんどが片側だが、まれに両側にみられることもある。症状が進むと、悪いほうの足が細く、短くなる。

診断

股関節のX線写真をとると、成長している骨頭が平たくつぶれたようになっているのがわかる。そのつぶれ方や年齢などを考慮して治療方針を決める。そのまま観察を続けるだけでいいものから、股関節への体重の負担を軽減する装置を使ったほうがいいもの、手術をしたほうがいいものまである。

もっとも、時期がくれば必ず治る病気なので、無理に手術をしないでゆっくり治療するのが理想的である。ただし、何の治療もせずにいると、足が短くなって披行したり、大人になって変形性股関節症になる恐れもある。

ツールバーへスキップ