慢性気管支炎

慢性気管支炎とは、気管支および細気管支の慢性的な炎症のことであり、たんを伴うせきが2年以上続くか、同じ症状が2年間、おもに冬に少なくとも3ヶ月以上、ほとんど毎日続くものをいう。

症状と経過

たんとせきがおもな症状である。ただし病気の症状としてせきやたんが出はじめたことに気づかないケースも多い。また、はじめのうちは症状が冬の間だけあらわれるが、しだいに症状のあらわれる期間が長くなり、1年中せきやたんが続くようになる。多くの場合、せきやたんが習慣化するのは20歳代以降で、年をとるにつれて呼吸困難を訴えるようになる。
しかし、なかには何年間もせきやたんが続きながら呼吸困難を訴えない例もあるし、反対に運動をしているときに突然、呼吸困難とたんを伴うせきがあらわれることもある。いずれにしろ慢性気管支炎では、いったん呼吸困難があらわれると、症状が徐々に重くなり、最終的には患者の行動が著しく制限されることになる。

たんは粘液性だが、黄色いうみのようなたんがあらわれるのは、はじめは症状が激しいときにだけである。しかし症状が進むにしたがい、うみのようなたんが冬を通してあらわれるようになる。慢性気管支炎患者のおよそ15% に、喀血によってたんに血が混じる例がみられる。
慢性気管支炎は肺気腫を併発するので、病気が悪化すると、呼吸困難や心臓障害が起きることもある。

原因

おもに喫煙や仕事などで刺激性のガスを吸うことが原因となる。また遺伝による体質も関係しているといわれるほか、幼少時から副鼻腔炎(蓄膿症)をもっている人が慢性気管支炎になることもある。

診断

症状からおよその診断がつくが、同じような症状を示すほかの病気と区別するために、喀たん検査や胸部Ⅹ線検査、CT検査などが行われる。また、肺機能検査によって、合併している呼吸不全を調べることもある。感染を起こしている細菌を特定し、それに有効な抗生物質を決めるために、たんの培養検査を行うこともある。

治療

気管支内からたんを排出させる一方で、気管支に対する刺激を取り除くことが治療の中心となる。また慢性気管支炎はしばしば気道内で細菌が繁殖して症状を悪化させるので、気管支内の細菌感染を抑えるために抗生物質が用いられる。
たんの排出のためには、たんの切れをよくする去たん剤が用いられるほか、たんの出やすい姿勢をとって排出をうながす体位性ドレナージ法や、薄めた薬液を霧状にして吸引させるエアゾール吸入僚法などが効果的である。

生活の注意

空気の汚れた場所ではマスクをかける、刺激の強い食べ物は避けるなど、気管支に余計な刺激を与えないように注意したい。また、たんが出やすいように水分を十分にとること、寒い季節には室内の温度や湿度を適度に保つことも大切である。

急性気管支炎

症状

はじめはせきが繰り返しあらわれ、同時に胸骨の後ろにじリヒリしとうつうた感じや、疼痛を感じる。また初期のうちには、たんはあらわれないが、炎症が進むにつれて水のようなたんが少し出るようになり、しだいにうみの混ざったものに変わっていく。

原因

鼻かぜやインフルエンザなどのほか、はしかや百日ぜきなどの合併症としてあらわれることが多い。また慢性気管支炎が悪化して急性気管支炎になるケースや、有毒ガスや刺激性のホコリによって起きることもある。

経過

症状が軽い場合には、せきと胸の上部の不快感が1~2日続く程度である。しかし病気が重くなると発熱や呼吸困難、白血球の増加、唇が青紫色になる症状があらわれることがある。
幼児や高齢者、ほかの病気でからだが衰弱した人、それに慢性気管支炎のある人は病気が悪化しやすいので注意が必要である。

診断

症状がいくつもあらわれたときには、たいてい急性気管支炎と判断することができる。そのため急性気管支炎そのものの診断のために検査が行われることはないが、合併症の有無や、ほかの病気ではないことを確認するために胸部Ⅹ線検査などが行われる。

治療

多くの場合、十分に栄養をとり、暖かい部屋で安静にしていれば、1週間ほどで治る。ただし病気が進行していて重い症状があらわれたときには、抗生物質が用いられる。また症状に応じて、蒸気吸入器による治療や気管支拡張剤などが用いられることがある。

症候性多汗症

症状

汗を異常に分泌する症状を多汗症といい、局所性のものと全身性のものがある。局所性の多汗症は、大部分がもともと汗をかきやすい体質であることに、精神的なストレスが加わって起きるもので、
そうした場合では病気と考える必要はない。全身性の多汗症も同様で、ほとんどが体質的なものだが、ときには病気が原因で多汗症になることがある。これが症候性多汗症である。

原因

症候性多汗症の原因としては、腫瘍や炎症、外傷による脳の発汗中枢への刺激のほか、バセドゥ病、糖尿病、アルコール依存症などが考えられる。

治療

原因となる病気の治療が第一である。そして病状に応じて局所制汗剤や精神安定剤などが用いられる。

自律神経失調症

人の内臓は休みなく働いているが、その作業はいちいち脳の指示によって行われているわけではなく、交感神経と副交感神経からなる自律神経によって調整されている。
自律神経失調症は、その自律神経の調整が円滑にいかなくなって、さまざまな症状があらわれる病気である。

症状と原因

からだがだるい、疲れやすい、動悸がする、胃が重い、よく眠れない、頭が重いといった不定愁訴がありながら、検査をしても病気や異常が認められない場合に、よく自律神経失調症と診断されたりする。
しかし実際には、その大部分が自律神経の障害が原因ではなく、神経症や軽いうつ病による結果であることもある。病気としての自律神経失調症は、おに脊髄小脳変性症などのように自律神経がおかされて組織などに異常が発生するものと、先天的に自律神経系に障害がある場合を指す。症状としては、どちらも発汗や体温の調節不能、性欲減退、低血圧、失神発作、夜尿、失禁などがあげられる。
なお自律神経系の病気には、とくに原因が見つからないまま局所的な自律神経障害があらわれる特殊な病気がある。レイノー病や、皮膚や皮下組織にむくみがあらわれる浮腫、多汗症などが、その代表的なものである。

自律神経失調症の主な原因となる精神的ストレス

治療

自律神経そのものの障害が原因の場合には、自律神神経調整剤や体質改善につながる漢方薬が用いられる。精神の不安定が原因で起きる自律神経の失調は、精神科医に相談する。
多くは精神安定剤を服用することで症状が消えるが、それでもだめな場合には、心理検査や精神訓練が必要になる。倦怠感や疲労感、動悸、不眠といった症状は糖尿病や脳動脈硬化、高血圧症などでもあらわれるものなので、神経内科や内科の精密検査が必要となることもある。

低血圧症

一般に、最大血圧100mmHG未満、最小血圧60mmHG未満が低血圧とされているが、単に血圧が低いというだけでなく、そのためにさまざまな症状が現れる場合を低血圧症という。

症状

低血圧症で最も多いのは、だるい、疲れやすいといった全身倦怠感である。また頭痛やめまい、肩こり、疲れ、耳鳴り、不眠、動悸、息切れ、食欲不振、吐きけ、便秘、胃のもたれといった症状を訴えることが多い。
低血圧の人は朝の目覚めが悪く、集中力が低下するなど、症状とともに一般に日常生活で無理がききにくい。起立性低血圧症では、めまいが立ちくらみとなってあらわれることが多い。
そしてひどい場合には、一瞬、気が遠くなるようなこともあり、ときには実際に失神するケースもある。そのほか同じめまいでも、血の気がひくようなめまいを訴えるケースもみられるし、
足のふらつきなどを訴えることもある。しかし、これら起立性低血圧症は、いずれの場合もしばらくの間、様になって安静にしていればすぐに回復する。

原因

低血圧には、とくに原因が見つからない本態性低血圧症と、ほかの病気が原因で起きる症候性低血圧症があり、後者はさらに急性と慢性に分かれる。
一般にいわれる低血圧は本能性低血圧症で、体質的因子が大きく影響していると考えられる。一方、症候性低血圧症は何かの病気がすでに存在し、その結果として低血圧が起きる。
したがって、症候性低血圧症と診断された場合には、すぐに医師の治療を受けることが必要。
とくに急性の場合には、心筋梗塞や心不全、急性出血などきわめて危険な病気が原因となるので注意したい。
なお慢性の症候性低血圧症の原困としては、粘液水腫(甲状腺機能低下症) やアジソン病、がん、栄養障害などが考えられる。このほか低血圧症には、立ち上がったとたんに全身の血圧が下半身に集中して、血圧が急に下がる起立性低血圧症がある。これはおもに血圧を調整する自律神経の働きに異常が生じるために起きるものである。また、ときには血圧降下剤によっても、起立性低血圧症になることがある。

治療

症候性低血圧症の場合、原因となっている病気の治療が優先される。原因治療によって改善しない場合には、生活の注意や食事療法、薬物療法など本態性低血圧症に準じた治療が行われる。
薬物療法としては、心臓の拍出力を高めたり、末梢血管を収縮させる働きのある昇圧剤が使用される。症状が強い場合には、精神安定剤や自律神経調整剤が用いられることもある。

生活の注意

過労や睡眠不足を避け、規則正しい生活をすることが大切。食事は3三食きちんととり、栄養のバランスのとれたものにする。また立ちくらみがするときには、急に立ち上がったりせずに、ゆっくりとからだを起こすようにする。このほか体操などの運動や冷水摩擦や乾布摩擦を毎日行うのも効果がある。

メニエール病

めまい、難聴、耳鳴りの3つをおもな症状とする病気である。ただし、ときにはそのうちのひとつだけがあらわれてもメニエール病ということがあり、それをメニエール症候群と呼ぶこともある。いずれの場合も、めまいがおもな症状である。

症状

自分の周囲が大きく回転するめまいを感じ、立っていることや歩くことができなくなる。そのさい、冷汗や吐きけ、嘔吐などの症状が伴う。
また発作の前に耳鳴りや耳の閉塞感、難聴などがあらわれるのが特徴。これらの症状は、はじめのうちは発作がおさまれば回模するが、何度も発作が繰り返されるにつれてしだいに難聴が回復しなくなり、病気が進行する。

原因

原因は不明だが、内耳の迷路ふの炎症あるいは浮腫のために起きるともいわれている。男性は30~40歳代にかけて、女性は30~50歳代にかけて発病することが多い。また精神的なストレスや過労が重なった場合、めまいの発作が起きることがある。

治療

発作を予防する効果的な方法がないため、心身の安静を保つことが重要である。また発作が起きたときには、室内を暗くして静かに目を閉じて寝ていると、5~6時間以内に症状が軽くなる。薬の使用や手術によって軽快することもある。

破傷風

傷口から入った破傷風菌の毒素によって神経がおかされ、筋肉に強いけいれんがあらわれる病気。

症状

はじめに全身の倦怠感や頭痛があらわれ、やがて首にこわばりを感じるようになる。次いで顔の筋肉が硬直して口が開かなくなったり、けいれんによって泣き笑いのような表情になってしまう。
そしてさらに病気が進むそと、からだが弓のように反って後ろに曲がりはじめる。筋肉のけいれんを何度も繰り返す。けいれんが呼吸筋にまで及ぶと死に至ることもある。

原因

土のついた古クギなどを踏んだり、泥や砂をいじった手で傷口にさわるなどして破傷風菌が体内に入る。

治療

破傷風ヒト免疫グロブリンやペニシリンなどの注射をし、暗い静かな病室で酸素吸入などを行う。

てんかん

脳の機能障害によってけいれんや意識障害などが発作的にあらわれる。

症状

てんかんの代表的な発作には以下のようなものがある。

大発作

突然、叫び声をあげて倒れ、全身のけいれんとともに意識を失う。けいれんは、まず手足が突っ張る強直けいれんが起き、次いで手足がふるえる間代けいれんが起きる。
そして呼吸停止によるチアノーゼが1分間ほど続く。間代けいれんがおさまると口から泡をふくが、これは呼吸停止でロにたまっていた唾液が強くふき出されるためである。
呼吸が回複すると昏睡状態に入り、短いときは20〇分ほど、長いときでも2~3時間で昏睡から覚める。なお発作の数分または数時間前に、聴覚や視覚などの異常や手足のしびれ、筋肉のけいれん、発汗などの前ぶれ症状が出ることもある。

小発作

前ぶれ症状がなく、突然意識を失う。けいれんはなく、意識を失っている時間も数秒から数10分と短い。意意識回復後は発作前の作業をそのまま続けることかできる。
小発作は子どもに多いが、思春期を過ぎるころには自然と治り、成人後まで残ることは少ない。ただし、ときには小発作から大発作に移行することがある。

精神運動発作

意識障害によって異常な行動をとるもので、無意味・無目的な動作を繰り返す自動症と、幻覚や錯覚が繰り返しあらわれる自覚発作がある。
眼鏡をはずしてふき、ふいてはかけるといった動作を繰り返し続けるのが自動症で、数分から数10分後に発作がおさまっても本人はその間のことを覚えていない。
一方、自覚発作は、道を歩いていて突然目の前が崖になっているような気がして足がすくんでしまうといった幻覚が繰り返しあらわれる。

自律神経発作

吐きけや頭痛、動悸いった自律神経症状があらわれる発作で、小学生以下の幼児に多い。頭痛を訴えた子どもが5~10分後には何もなかったように元気になっている、ということが繰り返される。

筋緊張克進・喪失発作

筋肉が突然、力をこめたように盛り上がったり、逆に急に弛緩したりして倒れるという発作。生後半年から1年の赤ん坊が、突然、首をガタンと曲げる動作を繰り返す点頭てんかんも、その一種である。

原因

脳の病気などが原因となる症候性てんかんと、原因がわからないまま起きる真性てんかんがある。症候性てんかんの原因としては脳腫瘍や脳出血、脳動脈硬化症など脳の病気のほか、脳炎や髄膜炎、尿毒症やアルコール中毒症など脳に直接あるいは間接に悪影響を及ぼす病気などがある。
また仮死産など、出産のさいに胎児が受けた障害や子どものころに受けた頭部の外傷が、成長してからてんかんを引き起こすケース(残遺てんかん)もある。

診断

発作の様子をくわしく医師に話すことが大切である。ただし本人が発作を覚えていないケースが多いので、その場にいた人間が一緒にいくことが必要。また診断のさいには脳波検査が必ず行われるほか、脳腫瘍や脳動脈硬化症の有無をみるために脳Ⅹ線CT、MRI(磁気共鳴画像)などによる脳の精密検査が行われる。

治療

抗てんかん剤による発作の予防が中心となる。抗てんかん剤は、長期間、ときには一生服用しなければならない。しかし根気よく服用することで90% の患者の発作を予防、または発作の回数を減らすことができる。

適切な治療を受けていれば、社会生活には何の支障もないので病気に対する劣等感などをもつ必要はない。ただし仕事を選ぶさいには、車の運転など交通関係の仕事や高い場所での仕事は避けたほうがよい。また、過労や睡眠不足、飲酒、喫煙などには注意が必要。

ヒステリー

ある事態に直面してその解決が困難な場合、幼児的・原始的な方法によって、その困難から脱出しようとする病気である。

症状と原因

会社や学校にいきたくないとき、「かぜをひけば休める」という無意識の願望が働いて、本当に頭痛を感じるようになる。また、ときには目が見えなくなる、手足がまひするなどの劇的な症状が出ることもある。
これらは心の深部にある不安が身体的な症状となってあらわれるもので、転換型ヒステリーという。
この場合、本人はからだの異常についてほとんど心配しないのが特徴で、目が見えなくても危険物は自然に避けて通る。このほか日ごろ抑圧されてきた願望が独立して、本来の人格とは別の第二、第三の人格が表面化する交代人格があらわれることもある。これが解離型ヒステリーと呼ばれるものである。

治療

ヒステリーになる人の多くは、困難を打開する決意や能力に乏しいため、治療にさいしては根気よい精神療法が必要となる。また本人が意識的に症状をつくり出しているわけではないので、周囲の人間が仮病として接すると病気は悪化する。

感情のコントロールはこちら

神経症(ノイローゼ)

神経症はその症状や発病のきっかけによっていくつものタイプに分けられるが、ひと言でいえば心理的な原因によって起きる心の病気である。
軽い場合は生活リズムの変化などで治ることもあるが、症状が重い場合には医師による治療が必要になる。なお幻覚や妄想が起きる精神病とは質的に異なり、また症状が重くても、それが原因となって精神病に結びつくこともない。

症状

神経症はその症状によって次のタイプに分類される。不眠症精神的なストレスによって寝つきが悪くなったり、睡眠が浅くなったりする症状をいう。
強い精神的ストレスがあれば十分な睡眠をとることができないのが当然で、その意味で不眠症は神経症のすべてに共通する症状といえる。とくに神経症の人の場合、自分の症状を実際以上に悪く思い込みがちで、必要な睡眠をとっていながら睡眠が不十分であると悩むことが多い。したがってあまり睡眠時間にはこだわらず、むしろ「からだが睡眠を必要とすれば自然と眠れる」といったように開き直るくらいのほうがよい。

不安神経症

理由もきっかけもなく不安をおぼえ、自分でも原因がはっきりとつかめないまま、不安感にさいなまれるのが不安神経症である。
もともと不安は不眠と並んで神経症に共通する症状であり、それだけに神経症のなかでもいちばん多い。

心気症

からだに何も異常がないのに、自分で頭が重い、息苦しいなどと思い込み、それにとらわれてしまう病気である。検査によってからだが健康であることを本人に納得させれば、いつの間にか治ることもある。

恐怖症・強迫神経症

不安神経症が漠然とした不安感にとらわれるのに対し、特定の対象や状況に対して恐怖感にとらわれるのが恐怖症である。
高所恐怖症や閉所恐怖症などがよく知られているが、刃物や汚物、人の視線などに恐怖感を感じることもある。一方、強迫神経症は、特定の物事に対して恐怖感を抱く点では恐怖症と同じだが、恐怖症は自分をとりまく外界を対象とするのに対し、こちらは自分の内部が対象となる。

たとえば道の右側を歩かないと安心して歩けない、自分で戸締まりを確認しないと眠れない、といったように、自分でバカらしいと思いつつも、そうしたこだわりから抜け出せないタイプの神経症である。どちらも不安神経症よりも泊りにくいといわれ、治療には精神分析療法や森田療法などが用いられることもある。

離人神経症

周囲に対する現実感を失って、自分の行為やまわりからの刺激に対する認識が薄れてしまう病気。いわゆる「ボーッとした状態」から抜け出せなぃのである。落胆したり、絶望を感じたときに起こりやすいといわれる。慢性化することははとんどなく、ふつう2~3ヶ月で徐々に回復する。

抑うつ神経症

精神的なストレスによって気持ちちが暗くなり、毎日の仕事や生活に対する意欲、行動力が失われてしまう病気。ただし本来のうつ病とは異なり心理的な原因によって起きるものなので、その傾国さえ取り払ってあげれば自然とうつ状態も解消される。

外傷性神経症・災害性神経症

頭部その他のからだにケガをした人が、傷の快復後も不安感や焦燥感が残ってケガをする前の精神状態に.以れないという神経症。
ヒステリーと同様の症状が出ることがある。「まだ現実に戻りたくない」「早く病気から立ち直りたい」という矛盾した気持ちの葛藤が原因となる。この葛藤は無意識のものなので、自分自身では解決できない。そのため、こうした状態が長びく前に、適切な検査と指導を受け、思いきって仕事や家庭に複帰することが大切である。

原因

家庭内のトラブル、職場や近所との人間関係、仕事上の失敗、失恋などさまぎまな環境的・心理的原因によって不安感や恐怖感、抑うつ感が引き起こされる。

診断

神経症になると、不安感や恐怖感など心理的症状とともに、頭重、動悸がするといった身体的な不定愁訴を訴えるケースが多㌧そのため、まず身体的な検査を行い、からだに異常がないことを確認する。
身体的な異常が見つからないのに強い心理的症状があれば、神経症と推測できるわけである。

治療

神経症にはさまざまなタイプがあるが、その原因を解消することを治療の基本とする点では一般の疾病と同じである。それには早期に神経科医や精神科医の診断と治療を受けることが早道である。