ベーチェット病

症状

ベーチェット病は、口腔の再発性アフタ、皮膚にできる結節性紅斑、血栓性静脈炎、目の虹彩毛様体灸や網膜脈結膜炎、痛みを伴う外陰部の潰瘍などがおもな症状である。
このほかに関節部の腫脹と疼痛、副睾丸炎、血管系の異常に加えていろいろな神経症状が加わることがある。
20~30歳代に発病することが多く、患者は女性より男性に多い。

経過

そのまま放っておくと失明したり、またわずかだが脳の中枢神経がおかされて死に至ることもある。内科または膠原病の専門医の診察を受ける必要がある。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ