脱臼

関節がはずれた状態を脱臼という。全身のどの関節でも起きる可能性があるが、肩やひじ、指の関節に起きることが多く、ときには股関節やひざに起きることもある。 痛みなどの症状は、骨折と似ているが、関節の形が変わるので診断はしやす...

腱鞘炎

指や手首、足首など関節を曲げるときに働くのが筋肉で、筋肉は腱とつながり、腱は骨とつながっている。腱鞘炎は、この腱を包んでいる腱特に起きる炎症をいう。 症状 炎症が起きる場所によって症状に多少の違いがある。 ドケルバン病 ...

痛風

血液中の尿酸が異常に増加して、急性関節炎の症状が繰り返しあらわれ、痛風結節と呼ばれる関節のはれを起こす。そして腎臓の機能が低下して、心筋梗塞をまねくこともある。 症状 激しい関節痛の発作が突然起きるのが特徴で、その大部分...

書痙

文字を書くときに、手がふるえてうまく書けない状態を書痙という。一度そうした経験があると意識過剰になり、かえって症状が悪化することが多い。治療には一種の自己催眠によって精神的にリラックスさせる自律訓練という方法がとられる。

パーキソン病

四肢のふるえと筋肉の強直があらわれる原因不明の病気である。脳動脈硬化症、一酸化炭素中毒でもあらわれる似たさっな症状を含めて呼ぶ場合には、パーキンソン症候群という。 症状 ある日突然、手足や顔面の筋肉が突っ張ってかたくなる...

ツールバーへスキップ