心膜炎

心臓は、心膜によって二重におおわれていて、その間には、心臓が収縮・拡張するさいに二枚の膜に摩擦が起きないようリンパ液が詰まっている。心膜炎は、この心臓を包んでいる膜に炎症が起きる病気である。

症状

はじめのうちは原因となる病気の症状があらわれるだけで、心膜炎自体の症状が出ることは少ない。胸の痛みや呼吸困難などの症状があらわれるのは、病気が進んでからである。
胸の痛みは首すじや肩にも広がるが、座ったり、上半身を前に傾けると痛みが軽くなる特徴がある。さらに病気が進行して、心膜腔の貯留液が急激に増えると心臓が十分に拡張できなくなってショック状態(心タンボナーデ) に陥り、呼吸困難に加えせんして急性心不全状態となり、心膜穿刺を緊急で行わなければならなくなる。

原因

心膜炎の原因にはさまざまなものがある。原因が不明の特発性心膜炎もあるが、ほかに細菌(結核菌など)やウィルスの感染、膠原病、心筋梗塞後症候群、尿毒症、悪性瞳瘍、甲状腺細菌では結核性のものが最も多く、曙原病では全身性エリテマトーデス、強皮症などで心膜炎を合併するケースが多くみられる。

診断と治療

以前は心膜炎自体の症状が少ないため、早いうちに心膜炎を見つけることはむずかしかったが、現在ではCTなどの発達により診断が容易になってきた。
治療は原因となる病気に対するものと、心模炎そのものに対するものとが並行して行われる。原因となる病気の治療としては、細菌性のものに対しては抗生物質が、結核性のものには抗結核薬が、膠原病にょるものには副腎皮質ホルモン剤などがそれぞれ用いられる。
一方、原因がなんであっても、大量の心膜液がたまって心臓の運動を障害する場合は、胸膜から針を刺して貯留液を抜く心膜穿刺が行われる。
また慢性の心膜炎で、心膜が癒着したり、かたく厚くなって心臓の運動に支障が起こった場合には、心膜をはがす手術が必要になることもある。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ