貧血

血液のなかに含まれる赤血球、あるいは赤血球がもっている血色素(ヘモグロビン)や赤血球容量(ヘマトクリット)が標準より少ない状態が貧血である。本来、赤血球は毎日少しずつつくられ、破壊されるが、そのバランスがくずれると貧血が...

脳性小児麻痺

胎内や出生後の脳の発達過程に生じた脳障害の結果、半永久的ではあるが、それ以上は症状が悪化しない運動障害を起こしたものをいう。頻度はだいたい五500人に1人といわれている。 まひの起こる部位は一定していないで、一肢だけのも...

過換気症候群

呼吸器、循環器、脳神経系などにとくに異常がないのに、発作的に呼吸数が増加し、呼吸困難、めまい、手足のしびれ、けいれんなどの症状が起こる。 原因は過呼吸による血液中の二酸化炭素不足(酸素過剰)で、ちょうど酸素ボンベの酸素を...