肝硬変

症状と経過 初期には食欲不振や腹部が張るといった症状があるが、一般にはこれといった自覚症状を訴えないことが多い。しかし、次第に手のひらが赤っぽくなり、皮膚が黒ずんでくる。 男性では、女性化乳房が起こることもある。進行にと...

劇症肝炎

急性肝炎の経過中、症状があらわれてから8週間以内に強い肝機能障害に基づく脳症(傾眠・錯乱・譫妄・異常行動など)をはじめとする急性肝不全症状(黄疸・出血傾向など)が出現する。 また、血液が凝固するまでの時間をあらわすプロト...

慢性肝炎

明らかに肝炎の急性期の症状が認められたケースで、発症から6ヶ月以上を経て、なお肝障害(GOT/GPTが持続的に高値を示すこと) が認められる場合、または肝生検による組織所見で確認された場合は、慢性肝炎と診断されている。 ...

急性肝炎

急性肝炎のほとんどは肝炎ウイルスの感池爪によって発症する。ウイルス性肝炎はふつう一過性で、1~2ヶ月、長くとも半年で治る。これを急性肝炎という。 症状 特徴的な症状としては、黄疸、肝臓のはれ、右肋骨下(右季肋部) の不快...

肝炎

肝炎は肝細胞が破壊され、肝臓に炎症を起こす病気で、ウィルス、アルコール、薬、免疫異常などが原因で起こる。日本ではウィルスとアルコールに起因する肝炎がほとんどで、80%をウイルス性が占め、アルコール性は増加傾向にあるものの...

ツールバーへスキップ